上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自賠責保険という保険は、交通事故による被害者を救済することを目的としている保険です。

加害者が負うべき経済的な負担を保険というかたちで補てんします。

誰でも当たり前の対人賠償を確保することが自賠責保険の目的です。

自動車に加入が義務付けられています。

しかし、「対人」の保険であることがネックで
車をぶつけて傷をつけても保険は適用されません。

その為、「対物」の保険として
任意保険があります。

しまった!と思ったときには遅いのが常です。

車を愛している方、車の保険も愛してあげてくださいね♪

スポンサーサイト

保険の代理人

今日は保険の代理人の方に
保険についていろいろと教えていただきました。

そんな中で感じたことは
やっぱり

「信頼できる保険の代理店さん→保険の代理人が
ついてくれるととても安心できる!」

ということです。

保険にもいろんな会社があるし
代理店もたくさんあり、
保険のプランにしても
数え切れないくらいありますよね。

そんな中、専門家でも難しいといわれるものを
素人が判断するなんてとても困難だと思うんです。

だからこそ信頼できる保険の代理人の方を
見つけることが一番大切なのかな~なぁんて
思った一日でした。
生命保険って入っていますか?

私たちの身のまわりでは日々さまざまなことがおきてますよね。

あんまり考えたくないことですけど
誰もが必ず通る「死」
がんや心筋梗塞などをはじめ、
生活習慣病などの病気、
遊んでいるときのケガなど
さまざまなリスクと隣り合わせです。

仕事をしていても、
今のご時世。。。突然の失業・・・
絶対にないなんていうことはありません。
車を運転していて相手を怪我させてしまうと
賠償責任問題など・・・

きりがないほどのさまざまことがあります。
そんなリスクを回避するための方法のひとつに
生命保険ってあるんですよね。

今日はそんな生命保険を考えさせられました。
生命保険って入っていますか?

私たちの身のまわりでは日々さまざまなことがおきてますよね。

あんまり考えたくないことですけど
誰もが必ず通る「死」
がんや心筋梗塞などをはじめ、
生活習慣病などの病気、
遊んでいるときのケガなど
さまざまなリスクと隣り合わせです。

仕事をしていても、
今のご時世。。。突然の失業・・・
絶対にないなんていうことはありません。
車を運転していて相手を怪我させてしまうと
賠償責任問題など・・・

きりがないほどのさまざまことがあります。
そんなリスクを回避するための方法のひとつに
生命保険ってあるんですよね。

今日はそんな生命保険を考えさせられました。
相互保険っていえば
私が一番にピンっとくるのは
生命保険、損害保険などを扱っている
日本生命保険相互会社ですね~
なんといっても会社名に

「相互」「保険」

が両方とも入ってるんですもん。

そもそも相互保険って
保険の加入者が構成員となり、
お互いに保険を行うものだということなのだ
そうですが、
取りまとめる方々は大変そうですね。

何事もリーダーは大変ですが
保険のリーダーにも頑張ってほしいですね^^

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。